債務整理の具体的な種類は

借金というのは借金しても返済できるうちが、まだまだマシともいえます。確かに借金返済は大変です。しかし、借金をしたのは自分でした以上、最後まで責任を持って返済をする必要があるのです。そして、借金返済をしていれば、基本的には減っていきますしどんどんと軽くなります。ところが、その逆にどんどんと借金を膨らましてしまうこともあるわけです。そのような場合には最終的に借金返済ができなくなり、カードローンや消費者金融会社に迷惑をかけてしまうことになります。そうなりますと、お金は便利な道具から凶器になってしまいます。それでも借金返済は自分でしないといけないのが基本です。しかし、それすらできなくなってしまったら、自力解決ができなくなってしまったら、どうすればいいのでしょうか?それが債務整理になります。もしかしたら、あなたもこの言葉だけは知っているかもしれませんね。では、債務整理には具体的にどのような方法があるのでしょうか?


大きく分けますと3つの種類に分かれます。最初は任意整理です。これは、借金した側とカードローンや消費者金融会社側で間に弁護士や司法書士が入って交渉をする方法です。残り2つが民事再生と自己破産です。この2つは裁判所を通して債務整理を決める必要があります。民事再生が借金を減額してもらうなどして借金返済をする方法です。そして自己破産が借金そのものを帳消しにする債務整理になります。自己破産したらどうなる? 弁護士相談
債務整理は主にこの3つのどれかになります。

債務整理は問題ないことなの?

あなたが仕事をしていましたら、基本的には自分でできることは自分でしていると思います。しかし、している仕事によってはどうしても自分でできないものがあります。そのできない、というのには理由はあります。例えば時間がかかり過ぎて期日や締め切りまでに間に合わない場合です。他には自分がしたことのない仕事、知識としてもっていない場合です。そのようなときにはどうすればいいのでしょうか?その方法は他の人に手伝ってもらう、ということですね。時間のかかる仕事であれば、2人でした方が効率よくできる仕事があります。また、自分がしたことのない仕事であれば、その仕事をしたことがある人、または知識や経験のある人にお願いする、という方法です。そのようにして仕事を進めるのは、何ら問題はありませんし、仕事ではチームワークが求められるわけですね。では、その一方で借金の返済や債務整理をするうえでは、他人の助けを借りた場合には法律に触れることはあるのでしょうか?それともないのでしょうか?

これに関しては、借金を踏み倒すような強引なことでなければ、法律に触れるようなことはありません。その債務整理をするときには、弁護士や司法書士を通してすることになるかと思います。そして、その債務整理に関しては、法律に順守して行いますので法律に触れることはありません。また、債務整理というのは、借金をした人の救済策であることは法律でも認められているのです。

債務整理は自分でできるの?

債務整理というのは、実際にしても問題はないのでしょうか?きっとあなたはそのような不安を抱えていると思います。その点に関しては安心して大丈夫です。債務整理は借金返済ができなくなった人のための救済策になるからです。とはいっても当然のことながら、これを機会に借金をしない、ということがとても大切です。債務整理をすればいいから大丈夫だろう、という思いでいると、また懲りずに借金を重ねてしまうことになるからです。借金をするのは、これで終わりにしよう、という断酒や禁煙を決意するような強い意志が必要になります。その債務整理というのは、基本的にどのようにすればいいのでしょうか?その方法は、弁護士や司法書士にお願いをする方法が一般的になります。やはり、プロに依頼をした方がスムーズに進むからです。しかし、そのようなことをせず自分で債務整理をすることはできるのでしょうか?

もちろん、しようと思えばできます。しかし、そうなりますと債務整理をするための準備をする、またはカードローンや消費者金融会社側と交渉をする必要があります。また、民事再生や自己破産の場合には、裁判所を通すことになりますので、それを申請する書類を用意する必要があります。ただ、用意すればいいのではなく、反論される、または不備がないように書類作成をする必要があります。そのため、時間をかければかけるほど、どんどん状況は悪くなる可能性があります。やはり、ここはプロの弁護士や司法書士にお願いすることをオススメします。

債務整理をすると他の人に知られるの?

あなたは借金をしていることを平気で人に話せるタイプでしょうか?おそらくこの答えに対してはほとんどの人は、できない、そんなことを言ったら恥ずかしい、という答えが返ってくると思います。もし、これが借金返済を完全に済ませて、生活にゆとりができれば、後になって恥ずかしい話、苦労話として話すことはできるかもしれません。しかし、借金返済でどうにもできない困難な状況のときには、そんなことを他人に話す余裕なんてないはずです。逆に他の人に話してしまうと、この人は危ないと思われてしまい、人が離れてしまうかもしれませんよね。では、借金返済ができなくなり債務整理をしますと、他の人には知られてしまうのでしょうか?

これに関しては、知られることはほとんどありません。例えば、借金をしているのが家族などに知られている場合など狭い範囲では知られるかもしれません。しかし、そこから他の人に話さない限りは、他の人に知られることはありません。もちろん、会社の人に知られることはありません。では、完全に知られることはないのでしょうか?実は、民事再生や自己破産の場合には、公開されます。ところが、その情報を見る人はほとんどいません。そのため、公開されているけど気づかない、という状態になります。もちろん、カードローンや消費者金融会社側には、債務整理をしたことは知られてしまいます。でも、日常生活において、周りの人に言わない限りは知られることはありません。

債務整理で自己破産はできるの?

借金の重みというのは、借金している間はとても気づきにくいものです。なぜなら最初の頃は当然ですが、借金した金額は少ないはずです。その段階で借金返済をしてしまえば、できる段階で借金返済を終わらせていれば、その重みは感じなかったと思います。しかし、そこが借金の怖いところで、体重のように物理的に重さを感じないところです。そして、借金を重ねていくうちに、後からことの重大さに気づいて、そのときにズッシリと借金という重みがかかってくるのです。それを知ってから見えない借金の重さを抱えることになってしまうのです。その借金の重さを軽くするには、どうすればいいのでしょうか?それは借金返済をするしかありません。しかし、その借金の重さが重すぎて軽くすることができなくなった場合どうすればいいのでしょうか?もしかしたら、あなたの頭の中では自己破産、という言葉がちらついている方もいるかもしれませんね。では、債務整理の1つである自己破産はできるのでしょうか?

自己破産というのは、借金返済ができないという場合にのみ、裁判所が下せる最後の判断になるのです。つまり、自分の都合で自己破産というのはできません。そして、自己破産の判断が出るかどうかに関しては、裁判所次第になるのです。その判断は、借金返済のみ込みがあるかどうか、によって自己破産か、それ以外の民事再生か任意整理での債務整理になるのです。つまり、簡単に自己破産はできない、ということです。
債務整理というのはどのようなことかといいますと、借金返済ができずに誰かに助けを求める方法になります。もちろん、それをしないことに越したことはありません。もう少し具体的に書けばカードローンや消費者金融会社から借金をしなければ、借金返済の義務や債務整理をするようなことにはしなくて済むわけですね。しかし、借金をしてしまった以上は、何とかしてその借金をどうにかしないといけなくなるわけです。また、借金返済といっても、自分で何とかできる場合と、もうどうしようもない自分ではどうにもならない場合の2つに分かれます。もし、あなたが後者の場合、そうなっている可能性が高い場合には、1人で何とかしようとすると、余計に状況は悪化してしまいます。そのようなときには、どうすればいいのでしょうか?

そのときには、債務整理などを中心にしている弁護士や司法書士に相談をすることを強くオススメします。当然、借金のことを相談することを伝えるのは、自分の恥ずかしいところを見せることになりますので、勇気はいるかもしれません。しかし、それを相談したことで、新しい解決策、借金返済の方法を見出してもらえるのです。そして気になる相談の費用ですが、無料で相談を受けているところもあります。そのため、まずは無料相談をしているところに相談をして、その後その方にお願いするかどうかも含めての検討をすることをオススメします。まずはできるところから、お金をかけないところから始めましょう。
借金というのは1度してしまうと、クセになってしまうものです。その理由というのは、簡単にお金を手に入れることができることを知ってしまった、ということです。本来であれば働いてお金を手にする必要があります。しかし、借金というのはカードローンや消費者金融会社に申し込みをして審査に受かれば、借りることができます。つまり、一瞬でお金を手に入れることができてしまうのです。もちろん、一瞬のため申し込みの手間さえ考えなければ、働かなくてもお金を手に入れることができてしまうわけです。そして、その結果、こんなにラクにお金を手にすることができるんだ、ということで借金を繰り返してしまい、その結果借金返済ができなくなってしまうケースがあるのです。これは、よくも悪くもカードローンや消費者金融会社がお金を貸してもらえるのも、1つの要因とも言えるかもしれませんね。そして、借金で怖いのは、それそのものではありません。それより怖いのがカードローンや消費者金融会社からの取り立てになります。では、債務整理をしますと、この取り立てはどうなるのでしょうか?

弁護士や司法書士を通して債務整理をしますと、取り立てを辞めるように通告をします。また、交渉に関してもすべて弁護士や司法書士が代わりに行います。そのため、借金をした人への直接の取り立てはなくなります。また、自己破産の場合には、借金そのものがなくなるため取り立てそのものはなくなります。
借金返済で怖いのは、どのようなものになるのでしょうか?もちろん借金そのものもあります。しかし、それ以外に怖いのは取り立てではないかと思います。取り立てに関しては法律により決まりがあり、取り立てをする時間帯なども決められています。しかし、取り立てそのものをゼロにすることはもちろんできません。なぜなら、カードローンや消費者金融会社にとっては、お金を貸した以上は返してもらう必要があるからです。そして、借金した側も返す義務や責任があるからです。そのため、取り立てをするのも必要なことですし、そのようにさせるくらい借金返済をしないのにも責任は当然あります。しかし、そのようなときには弁護士や司法書士に依頼をすれば、取り立ての停止や借金返済の交渉を代わりにしてもらえます。では、弁護士や司法書士に債務整理の依頼をしたら、どれくらいでできるのでしょうか?

もちろん、今スグにとはできません。また、当然ですが交渉する相手も引き下がることはしないはずです。そのため借金をした金額などにもよります。ただ、1つだけ言えることは早目に対処すれば、それだけ早い解決策が見込める、というわけです。これは個人差にもよりますが、債務整理ができるまで、最低3か月前後を見込んでおいた方がいいでしょう。また、債務整理をお願いする弁護士や司法書士も経験がある人をオススメします。その方がより早く、より安く債務整理ができる可能性が高いからです。
債務整理というのは、借金返済ができなくなった人に残された唯一の道ともいえるのです。この債務整理をすることによって、借金返済の減額をしてもらえる、金利や利息の免除、借金返済期間を伸ばしてもらえる、などのメリットがあります。また、裁判所を通すことになりますが、自己破産の場合であれば借金返済そのものを免除してもらえるのです。民事再生も含めて自己破産は裁判所を通しますので、その効力は大きいのです。そういう意味では伝家の宝刀に近いものになるわけです。しかし、ここで注意して欲しいのは、それをすることにより、代償を払う必要があるのです。つまり、債務整理のデメリットや制限事項を知ることが必要になるのです。では、それはどのようなことになるのでしょうか?

まずは、カードローンや消費者金融会社から一切の信用がなくなる、ということになります。つまり、借金をすることができなくなる、ということです。それも5年近くできなくなります。また、クレジットカードに関しても申し込みができなくなる、他には利用限度額を大幅に減らされるなどもあります。このデメリットや制限事項を、メリットと見るかデメリットとして見るかは、あなたの判断に任せます。また、裁判所を通す民事再生や自己破産などをしますと、生活全般においてもしばらくの間、制限事項がかかります。どこかに旅行をすることができなくなる、郵送物を確認される、他にも職業に制限事項などが加わるなどがあります。

post

| コメント(0) | トラックバック(0)