債務整理をすると何か制限事項はあるの?

債務整理というのは、借金返済ができなくなった人に残された唯一の道ともいえるのです。この債務整理をすることによって、借金返済の減額をしてもらえる、金利や利息の免除、借金返済期間を伸ばしてもらえる、などのメリットがあります。また、裁判所を通すことになりますが、自己破産の場合であれば借金返済そのものを免除してもらえるのです。民事再生も含めて自己破産は裁判所を通しますので、その効力は大きいのです。そういう意味では伝家の宝刀に近いものになるわけです。しかし、ここで注意して欲しいのは、それをすることにより、代償を払う必要があるのです。つまり、債務整理のデメリットや制限事項を知ることが必要になるのです。では、それはどのようなことになるのでしょうか?

まずは、カードローンや消費者金融会社から一切の信用がなくなる、ということになります。つまり、借金をすることができなくなる、ということです。それも5年近くできなくなります。また、クレジットカードに関しても申し込みができなくなる、他には利用限度額を大幅に減らされるなどもあります。このデメリットや制限事項を、メリットと見るかデメリットとして見るかは、あなたの判断に任せます。また、裁判所を通す民事再生や自己破産などをしますと、生活全般においてもしばらくの間、制限事項がかかります。どこかに旅行をすることができなくなる、郵送物を確認される、他にも職業に制限事項などが加わるなどがあります。