債務整理は自分でできるの?

債務整理というのは、実際にしても問題はないのでしょうか?きっとあなたはそのような不安を抱えていると思います。その点に関しては安心して大丈夫です。債務整理は借金返済ができなくなった人のための救済策になるからです。とはいっても当然のことながら、これを機会に借金をしない、ということがとても大切です。債務整理をすればいいから大丈夫だろう、という思いでいると、また懲りずに借金を重ねてしまうことになるからです。借金をするのは、これで終わりにしよう、という断酒や禁煙を決意するような強い意志が必要になります。その債務整理というのは、基本的にどのようにすればいいのでしょうか?その方法は、弁護士や司法書士にお願いをする方法が一般的になります。やはり、プロに依頼をした方がスムーズに進むからです。しかし、そのようなことをせず自分で債務整理をすることはできるのでしょうか?

もちろん、しようと思えばできます。しかし、そうなりますと債務整理をするための準備をする、またはカードローンや消費者金融会社側と交渉をする必要があります。また、民事再生や自己破産の場合には、裁判所を通すことになりますので、それを申請する書類を用意する必要があります。ただ、用意すればいいのではなく、反論される、または不備がないように書類作成をする必要があります。そのため、時間をかければかけるほど、どんどん状況は悪くなる可能性があります。やはり、ここはプロの弁護士や司法書士にお願いすることをオススメします。