債務整理は問題ないことなの?

あなたが仕事をしていましたら、基本的には自分でできることは自分でしていると思います。しかし、している仕事によってはどうしても自分でできないものがあります。そのできない、というのには理由はあります。例えば時間がかかり過ぎて期日や締め切りまでに間に合わない場合です。他には自分がしたことのない仕事、知識としてもっていない場合です。そのようなときにはどうすればいいのでしょうか?その方法は他の人に手伝ってもらう、ということですね。時間のかかる仕事であれば、2人でした方が効率よくできる仕事があります。また、自分がしたことのない仕事であれば、その仕事をしたことがある人、または知識や経験のある人にお願いする、という方法です。そのようにして仕事を進めるのは、何ら問題はありませんし、仕事ではチームワークが求められるわけですね。では、その一方で借金の返済や債務整理をするうえでは、他人の助けを借りた場合には法律に触れることはあるのでしょうか?それともないのでしょうか?

これに関しては、借金を踏み倒すような強引なことでなければ、法律に触れるようなことはありません。その債務整理をするときには、弁護士や司法書士を通してすることになるかと思います。そして、その債務整理に関しては、法律に順守して行いますので法律に触れることはありません。また、債務整理というのは、借金をした人の救済策であることは法律でも認められているのです。