債務整理の具体的な種類は

借金というのは借金しても返済できるうちが、まだまだマシともいえます。確かに借金返済は大変です。しかし、借金をしたのは自分でした以上、最後まで責任を持って返済をする必要があるのです。そして、借金返済をしていれば、基本的には減っていきますしどんどんと軽くなります。ところが、その逆にどんどんと借金を膨らましてしまうこともあるわけです。そのような場合には最終的に借金返済ができなくなり、カードローンや消費者金融会社に迷惑をかけてしまうことになります。そうなりますと、お金は便利な道具から凶器になってしまいます。それでも借金返済は自分でしないといけないのが基本です。しかし、それすらできなくなってしまったら、自力解決ができなくなってしまったら、どうすればいいのでしょうか?それが債務整理になります。もしかしたら、あなたもこの言葉だけは知っているかもしれませんね。では、債務整理には具体的にどのような方法があるのでしょうか?


大きく分けますと3つの種類に分かれます。最初は任意整理です。これは、借金した側とカードローンや消費者金融会社側で間に弁護士や司法書士が入って交渉をする方法です。残り2つが民事再生と自己破産です。この2つは裁判所を通して債務整理を決める必要があります。民事再生が借金を減額してもらうなどして借金返済をする方法です。そして自己破産が借金そのものを帳消しにする債務整理になります。自己破産したらどうなる? 弁護士相談
債務整理は主にこの3つのどれかになります。